ついでに目の周りの皮膚の乾燥

眼のまわりは肌がとても薄いですので、少しの刺激によって乾燥なんかが発生しやすい場所なんです。そのためにも、しっかりとした目もとケアが重要になるところであり、お手入れを続けていくことでシワや黒クマ、目もとのたるみといった状態を減らしていくしていくことが出来ます。

お手入をする際には、状態に見合ったケアを継続していくことが必要です。保湿美容ゲルも悩みに見合ったものがお店でたくさん取り扱いがあるため、肌のコンディションに合ったものを選ぶ事が肌トラブルの改善に良いとされてます。

乾燥が気になるといった場合だと、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲン等といったうるおい成分が配合されているものがお勧めになります。コラーゲンは肌に水分を蓄える力がとても高いため、乾燥に出来た目元のちりめんじわに効果ばつぐんです。

顔のくすみが気になる場合には、美白効果があるビタミンCderivativeがお薦めです。vitaminC誘導体はコラーゲンの合成を活発化させるものですから、日に焼けた際または肌へのダメージが原因で体内で生成されたMSH(メラノサイト刺激ホルモン)によって起こったシミやちりめんじわに非常に効果があり、しわをきちんと解消したいという時にはRetinol入りの目もと用美容液がオススメだと言われています。低刺激で安定して化粧品に配合されているRetinolはヴィタミンAのことを言います。ビタミンAは体作りにとても重要な栄養素で傷んだ細胞をリカバリさせコラーゲンやエラスチン、ヒアルロナンを造り出します。

ただし使用される前に注意しなくちゃいけないのが、ビタミンCderivativeやRetinolは皮膚のあまり丈夫じゃない方が使用された場合肌に負担が強い場合もあるようです。なので、皮膚トラブルを避けるように使用する前には一度手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストを行ってから使いはじめることがお薦めです。そして、目元の御手入れを行う際にはクレンジングetcにも気を配る必要が大事です。