ついでに目元の乾燥の改善について思うこと

眼の周りは肌がガーゼほどの薄さしかないため、些細な刺激で肌トラブル等が起きやすい箇所です。その為、しっかりとした肌ケアが必須な場所であるとも言え、お手入れを続けることで縮緬皺や青クマ、目の下の弛みといった肌トラブルを軽減するしていくことが出来るのです。

お手入をする場合には、悩みに見合ったケアを続けていく事が必要不可欠です。保湿美容液もお肌の悩みに適したものが広く販売されているため、肌のコンディションに適した種類を使用してみるしてくことが肌トラブル解消に効果的だとされてます。

乾燥が悩みというときだと、セラミドもしくは乾燥対策に有効なヒアルロン酸、コラーゲンなどといったモイスチュア成分が入ったものがお薦めです。コラーゲンは肌に水分を閉じ込める力が非常に優秀なため、肌のケア不足などが原因の乾燥に出来た眼元の縮緬皺に有効です。

目もとのくすみが気になる場合には、白肌をキープする効果であるvitaminCderivativeがお薦めです。ビタミンCderivativeはコラーゲンの合成を活発化させる成分で、強い紫外線または肌へのダメージなどで体内で生成されたメラニン色素によって起こったシミやちりめんじわによく、目元のしわをちゃんと解消したいいきたいときにはレチナール入りの美容エッセンスがお勧めだとされています。少ない刺激で安定してしみ対策の化粧品に配合しているRetinalと呼ばれている成分はビタミンAの総称となります。ビタミンAは皮ふにとても大事な栄養素で傷ついた肌や細胞を再生させてコラーゲンやエラスチン、hyaluronic acidを生成します。

ただし使用前に注意しなくてはならないのが、ビタミンC誘導体やレチノールといった成分は皮ふが丈夫じゃない方が使用された場合刺激が強い場合もあります。そのため、肌トラブルにならないように使用前にはなるべく手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやって肌の様子を見て使用されることがおすすめです。そして、眼元の御手入れを行う時にはクレンジングゲルetcにも気をつける必要が大切です。