ついにきた、目元のケアとのことだけどどうなんでしょう

眼のまわりの外皮は体の中でも一番薄いと言われるため、ほんの少しのかゆみといった外からの摩擦でも皮膚トラブルに繋がってしまうとても繊細な場所です。顔の各パーツの中でも特に瞼や目じりは縮緬皺が出来やすく、悩んでいる人も年齢を問わず多いと思います。

眼もとに縮緬皺ができてしまうという要因は年齢によってさまざまで、ファイバータイプのマスカラやジェルタイプのアイライナーなどのアイメイクをきちんと落とすことが出来ずに素肌に想像以上にダメージを与えてしまったり、洗浄効果がとても強いオイルクレンジング剤を使ったり、強く洗いすぎることによって肌に必要な皮脂まで洗いながしてしまう、毎日の保湿ケアが不充分な状態すること続けてしまうこと考えられます。さらに、パソコンや多機能端末などの使いすぎは眼に負担をなってしまい、忙し過ぎる生活サイクルや夜更かしが重なってしまうことで更に眼の疲れが取れない原因に結び付いていってしまいます。するとこの目の疲労感も眼元の皺の主な原因となるので気をつけなければなりません。

それらの生活習慣が原因で出来る目元の皺を今よりも増やさないようにする為には、アイライナーを落とす際はなるべく目元メイク専用のオイルクレンジング剤を使用して、マスカラがちゃんと落ちていないところがのこってしまわないよう丁寧に洗うようにします。他にも、肌に水分を蓄えるはたらきのあるセラミドやcollagenetcが含まれされた美容クリーム等を使いながらじっくりていねいに肌対策を行っていきます。目もと用のパックなどもシワ対策に効果的なのでお奨めです。

目の疲れを軽減するためには、あったかいタオルを目元に当てて血のめぐりを良くしたり、携帯端末等のデジタル機器を使う場合には数分休憩するなどといったこともとても良いとされています。それ以外に出来る眼の疲れを和らげる方法は、紫外線予防に日焼けどめBBクリームを塗る、紫外線B波を遮るサングラスをかける事等もとても有効です。そして、眼の周りを擦らないように気をつけていくことは今すぐできる疲れ目予防なので今から初めるのもいいと思います。